忍者ブログ
オーディオ、音楽のほかメディア評、書評や日々の雑感など、ジャンルごった煮でお届けしています。
[250]  [249]  [248]  [245]  [244]  [243]  [247]  [246]  [242]  [241]  [240
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 『NAVI』最終号が面白い!

 特に《さよならNAVI》と題した特集は、まるで病気の患者が最期に嘘のように元気になるといった雰囲気で、全盛時を思い起こさせる雑誌の勢いを感じた。たぶん大学生の頃だったと思うけれど、《NAVIってチョー、おもれぇな》と感じたのを思い出したのだ。

 今は新潮社で『
ENGINE』誌の編集長を張っている鈴木さんが登場するあたりは圧巻。記憶が確かならば社内の確執で二玄社をスピンアウトしたから、『NAVI』に出るというのはタブーに近いはず。えいや、最後だからOKだぜのノリです。その際に行動を共にした編集者も出ています。江川と小林が恩讐を超えて酒を一緒に呑むCMみたいなもんである。

 で、『
NAVI』という雑誌は、クルマの性能、スペックをひたすら追求する編集記事は他誌に譲るよ―『CG』はどちらかといえばそういう内容だろう―、そのかわりクルマを介して社会のこと、カルチャーのこと、ライフスタイルのことを語ります、というスタンスだったことを最終号で改めて認識した。

 だから内容がバラエティーに富んでいたし、性能・スペックに一喜一憂するクルマフリークしか分からないような専門性というよりは、誰が読んでも分かる敷居の低さが魅力だった。それからこれも重要なことだが、各出稿者の文章の質が高かった。たとえそのクルマが買えなくても雑誌を読んで楽しかったと思える原稿のクオリティーが保たれていた。何度もしつこいようだが、一部のフリークしか分からないような衒学的な内容でなかったことがよかった。つまり読み物として成り立っていたということです。

 とはいえ、最近ははっきり言ってあまり面白くなかった。ペラペラと立ち読みをたまにすればそれでいいや、という感じだった。雑誌に元気がなかったといえばよいだろうか。毎号、最終号のような《ホットさ》が伝わってくるレベルだったら、間違いなく買い続けてますね。
 
 クルマを取り巻く環境が昔と変わった?不況で広告が減った?活字離れ?ブログでもっと面白いものがある?理由は色々なのだろうけど、私にとって『
NAVI』がなくなってしまうのはショック大きいですね、やっぱり。
 
 私事で恐縮なのですが、結局オーディオ雑誌で私が書きたいこと読者の方へお届けしたいと思っているのは、『
NAVI』のようなことなんだな、と最終号を読んで思いました、はい。カッコつけて言ってしまうと・・・。もちろん単品の読み物として成立させることも大切です。まあまだそのカケラみたいなことしかできてませんが、『NAVI』はなくなってもその精神だけは勝手に継承したいなと思います。

http://itsunire.blog.shinobi.jp/Entry/238/

追記)こちらも面白い

http://www.webcg.net/WEBCG/essays/ozawa_koji/e0000022627.html
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
NAVIについて
最初にNAVIが出現したとき、日本の文化もここまで成熟したかと思いました。時代の切り口、自動車以外の生き方、勿論美味しい話や旅の事も、ワクワクして読んだものです。
鈴木さんがスピンアウトしたとき、ENGINEを創刊するまでの喪失感を忘れません。しかし、ENGINEはやはりNAVIではなかったのです。ファッションと時計に頼っているのは、CM収入的には理解できますが、車の本では無くなっていました。
昔のNAVIを読み返すと感慨深いものがあります。こういう時ですね、物持ちがいいのを自分でほめるのは(笑い)
GRFの部屋 2010/03/31(Wed)14:48:25 編集
GRFの部屋さん2
あの記事はNAVIだったに違いない、というのがあって、トヨタの2座ミッドシップ、NAのMR-2を駆って渓流へフライフィッシングをしに行く!というライフタイル提案記事を読んだ時に、《えらい成熟してかっチョいい大人の文化の香り漂うわい》と(確か)大学生の頃に感じたのを覚えています。

今から15年くらい前だったような気がします。家の中を探しても、またWebで検索しても分からないので再読ができないのですが…

そういう生活スタイルがあるのね、という啓示が時代の流行、雰囲気に合ってたんだと思います。
itsunire 2010/04/03(Sat)01:52:27 編集
NAのMR-2
NAのMR-2ですか。NAVIは、車と文化を追求していました。車自身が目的ではなく、車を通じて何が出来るか?を提案していたのだと思います。それは見知らぬところへの旅であったり、憧れへの体験だったり、美味しいものを訪ねる旅だったりしました。
大川さんの大陸横断旅行記が、あの年代のアメリカへの素朴な憧れを具象化した記事だったと思います。
憧れを持つと言う事がいかに大事かを表現していた雑誌でした。
もうすぐ、本棚を整理します。MR-2を駆って渓流へフライフィッシングの記事を探してみましょう!
GRFの部屋 2010/04/05(Mon)20:23:08 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
なし
性別:
男性
自己紹介:

powerd by


最新コメント
[08/15 yrndmifoaj]
[08/15 ekckyuobwa]
[08/14 clqoizbepn]
[07/19 azart47]
最新記事
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター


お天気情報
フリーエリア
建築家の設計による狭小住宅からブログ発信中。
地下の書斎でオーディオを
愉しみ、音楽はなかでも特にJAZZ(ジャズ)を聴きます。

《お知らせ》直近の雑誌寄稿
→左記、カテゴリー《メディアへの寄稿》からご覧下さい
-------------------------------
///聴かずに死ねない!JAZZライブ盤。現代JAZZの、ある到達地点に違いないです///

The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich
●詳細はこちらから(amazon)
The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich/TCB/2001

-------------------------------


M's Bar/男の書斎・別室

M's Bar/男の書斎には、クルマやテニスなどの話題が中心のもう一つの別室ブログを設けています。
バーコード
Copyright © M's Bar/男の書斎 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]
[PR]Samurai Sounds