忍者ブログ
オーディオ、音楽のほかメディア評、書評や日々の雑感など、ジャンルごった煮でお届けしています。
[1]  [2]  [3
■●音楽コンサート評
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



1月8日(土)
天王洲銀河劇場

 何に驚いたかというと、バンドマン達の演奏…というよりもオーディエンスの方で、ラスト3曲くらいになってステージに上がって踊り始めるんですね。ヴォーカルの体格のいい男性が、最前列で踊る気が満々、そのための服装を着衣している客席の女性を上げ、そのうち数名が舞台へ。
 
 加えて盆踊りにしか見えない老齢の方たち、どうみてもラテンではないなーというダンスをする方、結構な人数が席から立ち上がっていました。

 自然に体が動き始めてしまったというよりも、演者からダンスOKの催促をもって律儀に踊り始める様が、何だか不謹慎な表現ですが、官製デモのようで面白かったです(それまでは全員きちんと席に座って観ている訳です。ライブは1曲目からダンサブルなラテンナンバー全開だったのに…)

 コンサートが終わると同時に踊りもパタリと止まり、みな帰りの電車は何線?みたいな会話になるのをみて、やっぱり日本人はキューバ人とは違うのではないかと、音楽どうこうよりも、文化の違いの重みを知る上で、興味深いライブでした。ちょっとシニカルかもしれませんが、そういう意味で興味深かった。
PR


●3月16日(火) COTTON CLUB TOKYO
●ロイ・エアーズ(ヴィブラフォン)、フィリップ・ウー(キーボード)

先週のことだが、コットンクラブ東京にライブを観にいってきた。ジャンル分けが難しい、ジャズファンク?ファンク?フュージョン?70年代万歳の内容。音楽的に何かムチャクチャ新しい取り組みをしている、とかいうことは全然ないけれど、安心感や懐かしさをなぜか感じる演奏でよかった。
ヤロン・ヘルマン

10月24日
すみだトリフォニーホール

ヤロン・ヘルマン[ピアノ] Yaron HERMAN, piano
シモン・タイユ[ベース] Simon TAILLEU, bass
セドリック・ベック[ドラムス] Cedric BEC, drums

*セットリスト
前半:
1) Lamidbar (from "Muse")
2) Stompin (from "A Time for Everything")
3) Smoke Gets In Your Eyes
4) Message In A Bottle (From "A Time for Everything")

後半:
1) Layla Layla (from "A Time for Everything")
2) Paluszki (from "A Time for Everything")
3) In the Wee Small Hours of the Morning (from "A Time for Everything")
4) Toxic (from "A Time for Everything")
5) Ose Sholom (from "Variations")

アンコール:
1) Sakura Sakura
2) Army of Me (from "A Time for Everything") / Over The Rainbow
3) Isobel (from "Muse")

http://itsunire.blog.shinobi.jp/Entry/192/

やろんへるまん

4月15日
すみだトリフォニーホール

ヤロン・ヘルマン
ピアノ・ソロ・コンサート

*セットリスト
Introduction + All The Things You Are (Jerome Kern)
Libera Me (Gabriel Fauré)
Ose Shalom (Traditional)
Bemsha Swing (Thelonious Monk)
Hallelujah (Leonard Cohen)
-Intermission-
Moon River (Henry Mancini)
Ein Adir (Traditional)
Summertime (George Gershwin) – Blossom (Yaron Herman)
Toxic (Britney Spears)

-encore-
Sakura Sakura
When You Wish Upon A Star (Leigh Harline)
プロフィール
HN:
なし
性別:
男性
自己紹介:

powerd by


最新コメント
[08/15 yrndmifoaj]
[08/15 ekckyuobwa]
[08/14 clqoizbepn]
[07/19 azart47]
最新記事
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター


お天気情報
フリーエリア
建築家の設計による狭小住宅からブログ発信中。
地下の書斎でオーディオを
愉しみ、音楽はなかでも特にJAZZ(ジャズ)を聴きます。

《お知らせ》直近の雑誌寄稿
→左記、カテゴリー《メディアへの寄稿》からご覧下さい
-------------------------------
///聴かずに死ねない!JAZZライブ盤。現代JAZZの、ある到達地点に違いないです///

The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich
●詳細はこちらから(amazon)
The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich/TCB/2001

-------------------------------


M's Bar/男の書斎・別室

M's Bar/男の書斎には、クルマやテニスなどの話題が中心のもう一つの別室ブログを設けています。
バーコード
Copyright © M's Bar/男の書斎 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]
[PR]Samurai Sounds