忍者ブログ
オーディオ、音楽のほかメディア評、書評や日々の雑感など、ジャンルごった煮でお届けしています。
[213]  [212]  [211]  [209]  [210]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 最近、このマーク・アンソニーの曲ばかり聴いている。サルサというかラテン・ポップスなのだが、夏によく似合う。スペイン語はさっぱり分からないから、タイトルでさえどういう意味なのか理解していないが、そんなことはどうでもいいやと思っている。オペラを楽しむ人のうち、どれほどがイタリア語を理解していよう。言葉が耳に心地よく響けばそれでいい。

 マーク・アンソニーの声は、《センティミエント》という表現を用いるようであるが、《深い悲しみ》を携えているように感じる。なぜ彼の歌声に惹かれるのか、その理由はつまり《哀愁》を帯びているからなのであった。ただ単に<何だか生きずらいなあ…>とかいうことではなく、移民であるプエルトリカンの歴史の悲哀みたいなものを彼の声が代弁しているのだという説明には大いに納得がいく。

http://itsunire.blog.shinobi.jp/Entry/205/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
なし
性別:
男性
自己紹介:

powerd by


最新コメント
[08/15 yrndmifoaj]
[08/15 ekckyuobwa]
[08/14 clqoizbepn]
[07/19 azart47]
最新記事
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター


お天気情報
フリーエリア
建築家の設計による狭小住宅からブログ発信中。
地下の書斎でオーディオを
愉しみ、音楽はなかでも特にJAZZ(ジャズ)を聴きます。

《お知らせ》直近の雑誌寄稿
→左記、カテゴリー《メディアへの寄稿》からご覧下さい
-------------------------------
///聴かずに死ねない!JAZZライブ盤。現代JAZZの、ある到達地点に違いないです///

The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich
●詳細はこちらから(amazon)
The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich/TCB/2001

-------------------------------


M's Bar/男の書斎・別室

M's Bar/男の書斎には、クルマやテニスなどの話題が中心のもう一つの別室ブログを設けています。
バーコード
Copyright © M's Bar/男の書斎 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]
[PR]Samurai Sounds