忍者ブログ
オーディオ、音楽のほかメディア評、書評や日々の雑感など、ジャンルごった煮でお届けしています。
[203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

yukka eskola

山野楽器に置いてあって、買い求めたユッカ・エスコラの新譜、『WALKOVER』。フィンランドCAFEを主催するフィンランド政府観光局の方も、クラブジャズが好きな後輩の奴も、”ユッカ・エスコラはお勧めですよ”と前に言っていた。

果たして、ジャケットには「『21世紀のCTI』をテーマに、ジャズ、フュージョン… …多様な音楽をスタイリッシュに包み込んだ、21世紀型ジャズの定番!』とあって、リスペクトしているというフレディー・ハバードそっくりのフリューゲル・ホーン、トランペットを披露している。

ストリングスやフェンダーローズを有効に駆使して70年代テイストをうまく表現している。だが、CTI風といっても、だったらCTIを聴くよ、と言いたくなるのであって、聴いてからしばらくは耳を慣らすことが必要だ。そうすれば、この『CTIの新譜』を気に入ることになろう。

1978年生まれと若く、シベリウスアカデミーに進んだというから、さながら日本でいけば東京芸大卒のジャズトランペッターというところか。そういえば、京都大学工学部に入学し文学部を卒業した近藤等則氏は一時期、アウスレーゼのCMなんかに出演して、オシャレJAZZミュージシャンの道を歩んでいたが、最近では哲学者みたいな風貌で、『地球を吹く』とか随分難しいことをやっている。いらぬ(的を得ない)心配かもしれないが、エスコラ氏には真っ当な成長を遂げて欲しいと願っている。

なぜなら、『ジャズ』と『クラブジャズ』のあやふやな地平の上に立ってトランペットを吹いていくことが、これから先も続くのであろうから。そんなジャンル分けなど、吹き飛ばして欲しいと思うし、彼なら楽勝なのかもしれないけれど。

JUKKA ESKOLA/WALKOVER/TACS RECORD/2009


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Jukka Eskola『Walkover』
 ファイブ・コーナーズ・クインテットでトランペットを演奏しているユッカ・エスコラの新作です。録音月日は不明ですが、昨年辺りに録音されたものでしょうか。ファイブ・コーナーズ・クインテットの演奏のイメージからバリバリと吹くのかなと思ったのですが、さにあらず、電子ピ
URL 2009/06/09(Tue)14:44:52
プロフィール
HN:
なし
性別:
男性
自己紹介:

powerd by


最新コメント
[08/15 yrndmifoaj]
[08/15 ekckyuobwa]
[08/14 clqoizbepn]
[07/19 azart47]
最新記事
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター


お天気情報
フリーエリア
建築家の設計による狭小住宅からブログ発信中。
地下の書斎でオーディオを
愉しみ、音楽はなかでも特にJAZZ(ジャズ)を聴きます。

《お知らせ》直近の雑誌寄稿
→左記、カテゴリー《メディアへの寄稿》からご覧下さい
-------------------------------
///聴かずに死ねない!JAZZライブ盤。現代JAZZの、ある到達地点に違いないです///

The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich
●詳細はこちらから(amazon)
The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich/TCB/2001

-------------------------------


M's Bar/男の書斎・別室

M's Bar/男の書斎には、クルマやテニスなどの話題が中心のもう一つの別室ブログを設けています。
バーコード
Copyright © M's Bar/男の書斎 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]
[PR]Samurai Sounds