忍者ブログ
オーディオ、音楽のほかメディア評、書評や日々の雑感など、ジャンルごった煮でお届けしています。
[237]  [236]  [235]  [234]  [233]  [232]  [231]  [230]  [229]  [228]  [227
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

●『ブリティッシュ・スピーカーを聴く』=P146~158

評論家の藤岡誠さんとUKスピーカーシステム10機種を試聴。

今回のMOOKはメイン特集が『ビートルズを「いい音」で聴くためのオーディオシステム』で、それと連動した企画です。

はたしてブリティッシュ・スピーカーから《イギリスらしさ》を感じることができたのか否か!?

現代イギリスのスピーカーに興味のある方、ブリティッシュ・サウンド、ビートルズを愛してやまない方などに於かれましては、ぜひご一読頂ければと思います!


●SET LIST

①QUAD 22L2 《ピアノフィニッシュの美しさ、くっりきと明瞭な音》
②HARBETH HL Compact7 ES-3 《品よく小じんまりとして穏やかな大人らしい音色》
③LINN MAJIK140 《マジカル・ミステリー・スピーカー》
④MONITOR AUDIO GS20 《詩情を帯びた響きの美しさ》
⑤KEF XQ40 《音わき踊る、ウォームで絶妙な均衡》
⑥SPEDOR SP1/2R 《声の再現に優れるBBCモニターの血筋》
⑦ProAc ST140 《British But American》
⑧TANNOY Definition DC8T 《余裕ある低域の量感、《いい音》のスピーカー》
⑨B&W 804S 《今の時代感覚にそぐうリアリスティックで非情緒的な再生音》
⑩ATC SCM40 《音楽好きに贈りたいブリティッシュ・スタジオモニター》

※12月11日(金)発売

http://itsunire.blog.shinobi.jp/Entry/229/

まあ毎度のことではありますが、出稿して時間をかけて推敲を重ねて、『こりゃ完璧だ!』と満を持して校了するのですが、しばらくして本になって読み返してみると、『何だか目につくところがあるな』と原稿を思うんですね。これは必ず付きまとう事象ではありますが、、、
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんにちは。
結構モダン系ですね。。どれもよさそうです。
日本では昔から売ってませんが、ミッションというメーカーは外国に行くとよく目にします。あとタンノイのサンドリンガムSEはなんで輸入にないのでしょうか?前に売れなかったのですかね、凄い良いと思ってるのですが。
togo URL 2009/12/13(Sun)22:10:11 編集
togoさん
そうなのですか。日本の代理店、商社が輸入していない製品というのも多いのでしょうね。特にオーディオの場合は日本の受け先が、とても小規模のところもたくさんあるようです。
itsunire 2009/12/15(Tue)23:16:23 編集
無題
ミッションやKEFはかなり大きいほうだと思いますが、英国には数人(数十人?)でやってるメーカーが無数にあると読んだことあります。本当はスペンドールなんかもその類なんでしょうね。。本当に魅力がありそうなものはそういう会社に潜んでるような気がします。
togo URL 2009/12/15(Tue)23:29:14 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
なし
性別:
男性
自己紹介:

powerd by


最新コメント
[08/15 yrndmifoaj]
[08/15 ekckyuobwa]
[08/14 clqoizbepn]
[07/19 azart47]
最新記事
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター


お天気情報
フリーエリア
建築家の設計による狭小住宅からブログ発信中。
地下の書斎でオーディオを
愉しみ、音楽はなかでも特にJAZZ(ジャズ)を聴きます。

《お知らせ》直近の雑誌寄稿
→左記、カテゴリー《メディアへの寄稿》からご覧下さい
-------------------------------
///聴かずに死ねない!JAZZライブ盤。現代JAZZの、ある到達地点に違いないです///

The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich
●詳細はこちらから(amazon)
The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich/TCB/2001

-------------------------------


M's Bar/男の書斎・別室

M's Bar/男の書斎には、クルマやテニスなどの話題が中心のもう一つの別室ブログを設けています。
バーコード
Copyright © M's Bar/男の書斎 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]
[PR]Samurai Sounds