忍者ブログ
オーディオ、音楽のほかメディア評、書評や日々の雑感など、ジャンルごった煮でお届けしています。
[28]  [27]  [26]  [25]  [22]  [20]  [19]  [18]  [12]  [11]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コニシス190602

 レフィーロ&アネーロでコニシスの新製品TYR1213、1214の試聴会が行われたので参加した。去る5月のハイエンドショーでお披露目し、人気を博したTYR1213、1214がついに発売を開始する。例の“赤いきつね”ならぬ“赤いアンプ”を作るコニシスである。前述のコニシス訪問時の試聴環境とは違って、レフィーロは完璧ともいえるルームアコースティクが施された“お部屋”である。こんなオーディオルームで音楽を聴くことができる人が日本に何人いるというのだろう。最高のシチュエーションで気になる製品を試し聴きして、いざ購入し自宅の“ウサギ小屋”みたいな6畳半の狭いスペースで音を出したら、“おい、この間聴いた音と違うでないの”とつい文句を言ってしまいそうである。何にしてもレフィーロの試聴部屋は、QRDの小難しいフラクタル関数を駆使した音響拡散パネルをふんだんに設置し、天井は上手い感じで凸凹が設けられるなど随分と手が込んでいる。


 小西社長の司会進行のもとTYR1213と1214の音出しが始まる。当たり前かもしれないが、学芸大学の地下作業場で聴いた、解像度が高く透明感の溢れる音に変わりはない。録音モニター機の性格で、原音ソースへの余計な色付けはない。一言で言うと、僕はこのコニシスのアンプは、「実存感」のアンプであると思っている。ハイデガーやサルトルの実存主義アンプ。今ここに“ある”ということ、をこのアンプは最重要視している。
時にスタジオで録音作業をしていると、10時間とか20時間という長時間に渡ってミュージシャンが奏でる音を聴き続けることになるという。耳疲れ、聴き疲れをするアンプでは仕事にならない訳だ。また、歪みがないこと、位相が正しいことも重要だという。録音した生音にミキシングコンソールを使って、リバーブをかけたり、更に高音を伸ばしたりと“加工”を施しては、音を再生し確認する。


 よく巷で“原音再生”などということが言われる。正確に言えばCDやレコードなどのパッケージとして商品となったソースを原音として忠実に再生するという意味で“原音再生”なのだ。“本来の音”とはもちろん、コンサートホールや録音スタジオで演奏された音そのものであり、次の段階ではレコーディングされたマスターテープの音であって、加工された商品としての音ではない。つまり我々が手にするパッケージメディアは既に原音ではなく、加工が施された音であって、これがオーディオ再生における“原音”である。決して“生音”ではない。ソニーロリンズがそこに居るように音を再生したい、というのは録音された生音に手を加えた加工音を持ってして、擬似的にまるでそこでテナーをブローしているように感じるというだけで、これはあくまでも脳の錯覚認知機能を使って雰囲気でそう感じるということなのである。オーディオ装置で音を再生する時に、何をして“原音”かということは重要である。CDやLPの音が原音なのである。

 
 さて、話はそれてしまった。コニシスのTYRである。小西さんが気を配っていることに“低域の制御力”というものもある。スピーカーの振動板を、特に低音域でビシバシ統御するということだ。止めるべき時に止まる低音を目指した。これがゆえに、DCアンプを採用している。トランスを排除し、逆起電力を追放したのだという。僕は馬鹿でかいトランスを積んだ長方形デカ弁当箱式アンプが苦手なので、厚みが薄っぺらいアンプを見ると、“おお、巨大なトランスを積まないように工夫を凝らしているなあ、よしよし”と思ってしまう。更に上記機種であるCL-1やCL-2ではミリタリーグレードの部品を搭載するべく、自衛隊向けの部品メーカーへ発注したとかしないとか。やはり、研究所を社名に冠するだけのことはある。完璧な再生装置など存在しないが、“いまそこにある”ように音を鳴らすコニシスアンプは、アンプ製作者のスタンスとプロダクトがともに明瞭かつクリアーである。



●続きはこちら↓
<6月10日付けブログ>
コニシスアンプとウィルソンスピーカーの邂逅


●過去のブログ↓
<6月3日付けブログ>
コニシスについて




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
なし
性別:
男性
自己紹介:

powerd by


最新コメント
[08/15 yrndmifoaj]
[08/15 ekckyuobwa]
[08/14 clqoizbepn]
[07/19 azart47]
最新記事
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター


お天気情報
フリーエリア
建築家の設計による狭小住宅からブログ発信中。
地下の書斎でオーディオを
愉しみ、音楽はなかでも特にJAZZ(ジャズ)を聴きます。

《お知らせ》直近の雑誌寄稿
→左記、カテゴリー《メディアへの寄稿》からご覧下さい
-------------------------------
///聴かずに死ねない!JAZZライブ盤。現代JAZZの、ある到達地点に違いないです///

The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich
●詳細はこちらから(amazon)
The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich/TCB/2001

-------------------------------


M's Bar/男の書斎・別室

M's Bar/男の書斎には、クルマやテニスなどの話題が中心のもう一つの別室ブログを設けています。
バーコード
Copyright © M's Bar/男の書斎 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]
[PR]Samurai Sounds