忍者ブログ
オーディオ、音楽のほかメディア評、書評や日々の雑感など、ジャンルごった煮でお届けしています。
[260]  [259]  [258]  [257]  [255]  [254]  [253]  [252]  [250]  [249]  [248
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 近日、試聴をする機会が増えているのですが、ブログへのアップが追いついていない状況でいくつか聴いたものが溜まっています。ひとつずつアップロードしていきます。

 

 この間都内某所で、JBLの3WAY機の新製品である【4319】を聴いてきました。【4318】の後継機です。まず目に入るのは12インチ(30センチ)のウーファーです。ホワイトコーンの大口径は伝統回帰のイメージがありますが、内部は最近の技術開発が大いに反映されているので、見た目だけで判断するのは早計です。

 またスコーカー、ドーム・ツイーターにアルミ・マグネシウム合金が採用されています。これは音質に大きく影響しているでしょう。

 いくつかソフトを持参したのですが、特筆すべきはボーカル。意外にも声の描写がマイルドな印象で、スムーズとかナチュラルといった形容句が思いつくスピーカーでした。男性ポップスでは英語の発音で、子音の発声がこんなに耳障りなく聴こえるものか、さすがはアメリカのスピーカーと感心しました。





 加えて、フラッグシップのエベレストです。アンプ、プレーヤー陣にマーク・レビンソンのトップグレード機を揃えて試聴したエベレストは、まさに弩級(この定型表現は個人的にはあまり好きではありませんが、エベレストには使いたくなります,,,)。音はアメリカン・ボールドネス!圧倒的。肉食系と評してよいかもしれない。繊細草食系を志向したサウンドと真反対、その極致です。

 【4319】と【エベレストDD66000】、その価格は比較にならないほど遥か彼方違うのですが、音質傾向は合致していて、一貫したサウンドポリシーを感じさせました。人によってはそれをもって「JBLサウンド」と呼ぶのでしょう。

※今回写真がないため、メーカーHPより拝借します(輸入代理店さん関係で試聴したのでお許し頂けると思います…多分)
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
4319
こんにちは
以前にお客さん宅に4318を導入したのですがとてもしっとりした良い音だと思いました。センターにユニットを真直ぐ並べた見た目もいいですね。後継ということですが確か値段が安いですね、こちらも聞いてみたいです。。
togo URL 2010/04/13(Tue)22:56:39 編集
togoさん
私の旧い4311よりも、最新機4319はもちろん遥かに進化していていることを確認できてよかったです。うーん取り替えてもいいかな、と思ったのですが、4311の見た目は何より好みなので、当分はこのままいきそうです。
itsunire 2010/04/15(Thu)01:11:38 編集
無題
4311は不滅ですよね、JBLのアイコンだと思います。JBLで買うの躊躇してしまうのはすぐモデルチェンジしてしまうことなのですが、4311は長いですね~。私はまだしばらくはDALIです。。
togo URL 2010/04/16(Fri)00:21:51 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
なし
性別:
男性
自己紹介:

powerd by


最新コメント
[08/15 yrndmifoaj]
[08/15 ekckyuobwa]
[08/14 clqoizbepn]
[07/19 azart47]
最新記事
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター


お天気情報
フリーエリア
建築家の設計による狭小住宅からブログ発信中。
地下の書斎でオーディオを
愉しみ、音楽はなかでも特にJAZZ(ジャズ)を聴きます。

《お知らせ》直近の雑誌寄稿
→左記、カテゴリー《メディアへの寄稿》からご覧下さい
-------------------------------
///聴かずに死ねない!JAZZライブ盤。現代JAZZの、ある到達地点に違いないです///

The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich
●詳細はこちらから(amazon)
The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich/TCB/2001

-------------------------------


M's Bar/男の書斎・別室

M's Bar/男の書斎には、クルマやテニスなどの話題が中心のもう一つの別室ブログを設けています。
バーコード
Copyright © M's Bar/男の書斎 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]
[PR]Samurai Sounds