忍者ブログ
オーディオ、音楽のほかメディア評、書評や日々の雑感など、ジャンルごった煮でお届けしています。
[186]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [166]  [165]  [164]  [163]  [161
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 新聞やジャーナリズムが大きな物語であった時代は終わりを告げたと前回記したが、その象徴とも思えるのが朝日新聞が赤字に転落したという報道(9月中間決算)。世界金融危機による影響というよりも、昨今の用紙価格高騰、少子高齢化による部数減、景気減退に伴う広告収入減、この3つが原因とある。

 新聞はかつてメディアの盟主だった。しかしその立場をテレビに明け渡して久しい。ニュースを伝える媒体、広告を発信する媒体としての魅力を失いつつある。人々のメディア受容の形態が徐々に、そして明らかに変わってきたことへの対応が追い着いていない。

 それにしてもあの「天下の朝日」が、である。

 最近忙しく仕事で人に会う中で、「オヤジが朝日だったんですよ」という方が偶然続いた。マスコミとは関係のない職種に就いている人の口から、そういう言葉が出てきて予期していなかったから驚いた。しかも二人も!少なくとも私なんかよりも十や二十も年齢が上で、人生の酸いも甘いも知るだろう、そのお二人の科白の中には若干の憧れや誇らしさが含まれていた。

 だからこその朝日新聞だ。何だかんだと言っても、やっぱり良かれ悪かれ「天下の朝日」だ。その新聞社が赤字に転落したのだから、その他の同業者は言うに及ばず。大変に苦しい台所事情の社ばかりである。テレビ局だってこの上期、フジテレビの最終利益は前年に比べて半減したし、日テレとテレ東は赤字であった(記憶が正しければ局に相違ないはず)。

 新聞凋落の来たるべき日が、来たるべくしてやって来た。

 だが、この傾向は何も急に昨日今日から始まったのではなく、既に徐々に進行していたものだ。それをいかにもここ最近大変な状況になったように報道したりするけれども、凋落の潮流を見逃したり目をつむったりし、さしたる分析や対策を施して来なかった新聞メディア経営層の責任は重い。逆流の河を登るような果敢な舵取りができるようには思えない。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
なし
性別:
男性
自己紹介:

powerd by


最新コメント
[08/15 yrndmifoaj]
[08/15 ekckyuobwa]
[08/14 clqoizbepn]
[07/19 azart47]
最新記事
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター


お天気情報
フリーエリア
建築家の設計による狭小住宅からブログ発信中。
地下の書斎でオーディオを
愉しみ、音楽はなかでも特にJAZZ(ジャズ)を聴きます。

《お知らせ》直近の雑誌寄稿
→左記、カテゴリー《メディアへの寄稿》からご覧下さい
-------------------------------
///聴かずに死ねない!JAZZライブ盤。現代JAZZの、ある到達地点に違いないです///

The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich
●詳細はこちらから(amazon)
The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich/TCB/2001

-------------------------------


M's Bar/男の書斎・別室

M's Bar/男の書斎には、クルマやテニスなどの話題が中心のもう一つの別室ブログを設けています。
バーコード
Copyright © M's Bar/男の書斎 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]
[PR]Samurai Sounds