忍者ブログ
オーディオ、音楽のほかメディア評、書評や日々の雑感など、ジャンルごった煮でお届けしています。
[172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [166]  [165]  [164]  [163]  [161]  [160
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 先日筑紫哲也さんが亡くなって、TBSの追悼番組を見ていたら進行してゆく病状が露わになっていたので目を覆いたくなった。人は肺ガンでこうやって死んでいくのかという暗澹たる気持ちへと至らしめ、いっそのこと煙草を辞めようとも思案したがそう事は上手くいかない。

 いくつかの新聞の亡者記事のなかで、気になったのは日経の田勢客員コラムニストのものだった。筑紫さんは記者時代から既に異彩を放っていたという。とりわけ長い髪をかきあげる姿が様になっていて(随分とカッコ付けだ!)、他の政治記者とは一線を画していた。どんな組織でもインサイドフォースは強いものだが、新聞社のそれは官庁と同様に容赦のないものだ。いわゆる「手前の理屈」が横行する社会だ。新聞社に勤めて日々を過ごす身としては、それは痛感せざるを得ない。

 そういう環境で「ロン毛」をなびかせる筑紫氏へ、田勢氏は「あれが有名な筑紫哲也か」と唸ったらしい。そういう姿かたちに限らず周りに流されないアウトプットを終生保ち続けたことは、心から尊敬したい。主義信条において頑なまでのリベラリストと皆書き並べているけれども、私には右でも左でもどちらでもよい。

 私は「テレビNEWS23の筑紫サン」しかオンタイムで知らないから、テレビにデビューした頃のことはよく分からないし、単純に言って「カッコいいロマンスグレーの朝日のオジサン」くらいにしか思っていなかった(失礼な話だけれど)。何を隠そう細君は「実は中学生の時分からファンだったのよ」と憧れのおじさんの逝去に本気で目を潤ませていた。そういう女性が多数いるほどのニュースアイドルだった。

 たぶんもう、あーゆー「カッコいい」スタージャーナリストが現れることはないだろう。時代の一つの終焉を感じた。「新聞」とか「記者」とか「ジャーナリズム」といったものが大きな物語だった時代はとうとう幕を下ろした。合掌。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
なし
性別:
男性
自己紹介:

powerd by


最新コメント
[08/15 yrndmifoaj]
[08/15 ekckyuobwa]
[08/14 clqoizbepn]
[07/19 azart47]
最新記事
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター


お天気情報
フリーエリア
建築家の設計による狭小住宅からブログ発信中。
地下の書斎でオーディオを
愉しみ、音楽はなかでも特にJAZZ(ジャズ)を聴きます。

《お知らせ》直近の雑誌寄稿
→左記、カテゴリー《メディアへの寄稿》からご覧下さい
-------------------------------
///聴かずに死ねない!JAZZライブ盤。現代JAZZの、ある到達地点に違いないです///

The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich
●詳細はこちらから(amazon)
The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich/TCB/2001

-------------------------------


M's Bar/男の書斎・別室

M's Bar/男の書斎には、クルマやテニスなどの話題が中心のもう一つの別室ブログを設けています。
バーコード
Copyright © M's Bar/男の書斎 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]
[PR]Samurai Sounds