忍者ブログ
オーディオ、音楽のほかメディア評、書評や日々の雑感など、ジャンルごった煮でお届けしています。
[166]  [165]  [164]  [163]  [161]  [160]  [156]  [154]  [153]  [152]  [151
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 3日(金)だけしか都合がつかなかったので全てのブースを見ることは出来なかったが、気になったメーカーと製品を以下アップしておきます(自分のメモから抜粋)。高級外国製品は、他のブログで皆さんがたくさんレポートしていると思うので、私は比較的廉価な機器を中心にお届けします。

●オルトフォン/Kailas7(¥115,500円/1本)

 同社コンコルド205はペアで6万円とリーズナブルだが、実際に幾度か聴いてみて個人的にとても評価の高いスピーカー。だからKailas7には期待があった。3WAYでサイズからしてもコンコルドに比べて当然ダイナミックな音色。デモンストレーションにおいて鬼太鼓座をLPで大音量でもって流していたのだが、腹に響く低音のグリップ感はやや甘めで、期待が大きかったこともあって少し残念な気も。私はやはり微笑ましいようなコンパクトな音場というか音の表情が好きなようだ。

●ラックスマン/SQ-38u(¥378,000円)

 EL34プッシュプル、ウルトラリニア接続で出力は30W。試運転は行っていなかったため見た目のことのみ申し上げる。本体筐体部のツマミ、スイッチ類など、デザインのトーン&マナーは現行の他機種のものを継承しながら、外枠を木箱のケースに入れることで往時の雰囲気を醸し出す。
特に前面パネルのオレンジ色の点灯部2箇所は、現代型ラックスマンデザインを踏襲している。縦横比のバランスでいうと、天地をやや長く(高く)感じる。

 天板上部を覗き込むと、EL34が4本、そしてECC82と思しきが2本、屹立しているのが見える。果たして往年のファンの心を捉えることができるか注目である。

●CEC/AMP5300R(¥123,900円)

 天板の通気穴が珍しい六角形型。シャーシは全体がシルバーであるが、両端部のみ放熱のためと考えられるブラックの配色をした“羽根(=ヒートシンク)”を設けていて、昔のマークレビンソンのパワーアンプを彷彿とさせるグッドデザインだ。

 CDプレーヤー、TL1N(¥766,500円)とDAコンバーター、DA1N(¥231,000円)、スピーカーがウィーンアコースティック、T-3GB(¥493,000円)の組み合わせでデモを行っていた。

 たまたまかかっていた曲からのインスピレーションであるが、クラブサウンドを楽しめるシステムかもしれない(どうしてクラブミュージックらしき音盤を流していたのか、それは謎です・・・)。
 
 意外な提案だった。ウィーンアコースティックでクラブミュージック。悪くない。新たな層をオーディオファンとして取り込むことが可能だ。別に冗談ではなくて、そのくらいしっくりいく音質だった。明るく快活で、高域がウルサク感じるくらいシャンシャンと踊っていた。別にクラシックやジャズを聴くためだけに、オーディオがある訳ではないし、音楽のジャンルは細分化してゴマンとあるのだから、ダンサブルな音楽向けのシステムがあったっていいはずだ。



 ほかに、アヴァンギャルドがいい音を奏でていたり、JBL66000エベレストが大層な音を誇示していたり、JBLのTSシリーズという新たなラインが少しくぐもったような印象の音であったりした。ワディアのアイポッド向けトランスポートは実物が見れずに残念だった。ただし廻った限りのブースでいくと、新製品ということでもないので注目を浴びる訳でもなかろうALRジョーダンのCLASSIC1が最も気になった製品だった。

 前評判は雑誌で読んだりしていたが、あんなに小さな身なりで、情報量に不足はなく、充分すぎるほどの音場を表現していたのはびっくりした。通りがかった人に、あれは大したものですね、とつい語りかけてしまったほどだ。

 ということで私の注目機は、舶来ハイエンドばりばりのラインではなく、こじんまりとして自分の手が届きそうな現実的な価格のものだった、結果的に。インターナショナルでハイエンドなコンベンションなのに、どうもその趣旨とはやや外れた機器に惹かれたという具合だ。

●10月19日付けブログ
[47]THE GROBAL FINANCIAL CRISIS AND ITS IMPACT ON THE JAPANESE AUDIO MARKET -ハイエンドショウ2008速報-


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
なし
性別:
男性
自己紹介:

powerd by


最新コメント
[08/15 yrndmifoaj]
[08/15 ekckyuobwa]
[08/14 clqoizbepn]
[07/19 azart47]
最新記事
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター


お天気情報
フリーエリア
建築家の設計による狭小住宅からブログ発信中。
地下の書斎でオーディオを
愉しみ、音楽はなかでも特にJAZZ(ジャズ)を聴きます。

《お知らせ》直近の雑誌寄稿
→左記、カテゴリー《メディアへの寄稿》からご覧下さい
-------------------------------
///聴かずに死ねない!JAZZライブ盤。現代JAZZの、ある到達地点に違いないです///

The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich
●詳細はこちらから(amazon)
The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich/TCB/2001

-------------------------------


M's Bar/男の書斎・別室

M's Bar/男の書斎には、クルマやテニスなどの話題が中心のもう一つの別室ブログを設けています。
バーコード
Copyright © M's Bar/男の書斎 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]
[PR]Samurai Sounds