忍者ブログ
オーディオ、音楽のほかメディア評、書評や日々の雑感など、ジャンルごった煮でお届けしています。
[164]  [163]  [161]  [160]  [156]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ある方からお借りしていた英国製プリメインアンプ、アームストロング521は、管球式ではなく、石のアンプでした。海外のWebサイトを丹念に調べたら正確なところが分かるのでしょうけれども、いずれにしても古い年代のものです。アームストロング社というのは初耳でしたが、他にフェログラフ社製など、古いイギリスのアンプは<音がいい>ということで結構期待してました。

 背面のスピーカー端子がほんとに変わっていて、激烈に小さな筒状の穴にスピーカーケーブルの先をねじりこんでアンプ部に差し込む。これはほんとに不便で、一体昔のケーブルの形状とはどうなっていたのだろうと考え込む。


アームストロング521


 何とか吹き矢のようなケーブル挿入口に押し込んで、JBL4311から音を出してみる。アンプの身なりからして意外なほど低音がよく出る。ウーファーのコーン紙がよく動いていると思われる。パワーは全然なさそうだが、スピーカーとアンプのマッチングが良いのか・・・と思いかけた矢先、音に雑味が入るようになってしまいました。

 うーむ。色々と抜きつ挿しつするも正常な音に戻らない。天板に空いた隙間から焼けたような異臭もする。ショートしたのか?まあよく分からない。ステレオからモノラルへ変えると、雑音は入らなくなって音は聴くことができるようになる。でも、聴いていて気持ちが盛り上がらない。機械の調子が悪いのだ。これは修理が必要なのであろう。

 それからはあまりこのアンプでは聴かなくなってしまいました。少し残念ではありますが、機械と私の波長が合っていなかったのかもしれない。また先々に違う英国製の古いアンプを機会に恵まれれば是非聴いてみたいと思います。


 
 それにしても昨日のゲリラ豪雨は凄まじかった。家人の帰りが遅かったので、心配して駅まで迎えに行こうとかと思って電話をしたが、余計なお世話という感じの返事で呆れた。

 前にも本ブログで色々書いたが、いま世の中は<溶けつつ>ある。<他人が何をせんとしているのか想像もしない、他人などどうでもよい=I LOVE ME VERY MUCH,THAT’S ALL>な人に本業の仕事の方でも多く遭遇するのでたいへん難儀している今日この頃だ。余計な話ではあるけれど。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
酷いですね
親切心も言い方や、態度によっては押し付けのおせっかいに感じられてしまうこともあるのでは無いでしょうか?折角の優しい心なら、相手に上手に伝えたいものです。
小鳩 2008/09/17(Wed)12:18:28 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
なし
性別:
男性
自己紹介:

powerd by


最新コメント
[08/15 yrndmifoaj]
[08/15 ekckyuobwa]
[08/14 clqoizbepn]
[07/19 azart47]
最新記事
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター


お天気情報
フリーエリア
建築家の設計による狭小住宅からブログ発信中。
地下の書斎でオーディオを
愉しみ、音楽はなかでも特にJAZZ(ジャズ)を聴きます。

《お知らせ》直近の雑誌寄稿
→左記、カテゴリー《メディアへの寄稿》からご覧下さい
-------------------------------
///聴かずに死ねない!JAZZライブ盤。現代JAZZの、ある到達地点に違いないです///

The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich
●詳細はこちらから(amazon)
The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich/TCB/2001

-------------------------------


M's Bar/男の書斎・別室

M's Bar/男の書斎には、クルマやテニスなどの話題が中心のもう一つの別室ブログを設けています。
バーコード
Copyright © M's Bar/男の書斎 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]
[PR]Samurai Sounds