忍者ブログ
オーディオ、音楽のほかメディア評、書評や日々の雑感など、ジャンルごった煮でお届けしています。
[103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [97]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

191204

 オーディオユニオンの1階に『禁断の惑星』からやって来たクレル(KRELL)のインテグレーテッドアンプKAV-400xiが陳列されていたので、同じく販売中であった4311Bにつないで鳴らしてもらった。
 
 栄華を誇ったモニタースピーカーといえど、30年前のいわばオンボロ品である。かたや、わずか数年前の技術の粋を凝らした現代先端アンプが4311をドライブすると、果たしてどんな音になるのか興味津々であった次第。

 何枚か試聴のためにCDを持参し、まずはミルト・ジャクソンの『サンフラワー』を聴く。別段、オーディオテスト用として重宝するということではなく、単に好きだから幾度も聴いて各々の楽器がどんなメロディーを奏でているか分かっているという音盤だから、マイチェックディスクという訳だ。
 
 中でも「ピープル・メイク・ザ・ワールド・ゴー・アラウンド」は、ジャズが持つ夜騒的な妖しい雰囲気をどのくらい表現できるか判断するのに好都合である。

 しばし聴き進めると、がーん、品行方正、大人のサウンドであった・・・。
 
 書斎で書き物でもしながら、背後に流してもいいようなノーブルな音!紛れもなく「いい音」なのであろうが、当方には大人び過ぎていた。畢竟、こちらは音が元気よく前に飛び出して来て欲しいのだ。言い方が正しいかは分からないが、もっと「安っぽく」て構わない。

 すると、いま4311を我が家で鳴らす47アンプ(シガラキ)というのは、なかなかの優れものであることに改めて気がつく。決して47アンプが安っぽい音を出すなどと言っているのではない(そんなことを申し上げたら吉祥寺から石が飛んで来るに違いない)。

 クレルのアンプは朗々と4311を鳴らし、47アンプは華美な装飾をせずにストレートに4311を操っているということだ。クレルの音の厚みとか低音のゆったりした具合は、4311ではなく、より鳴らしづらい難しいスピーカーにこそ合っているのだろう、何もJBLの4311と組み合わせることもないか、というのが正直な感想であった。
 
 そして思う、47アンプは清廉を志向しているのではないかと。清廉とは、心が清らかで私欲のない様のことである。小川のせせらぎのように俊敏で澄んだ音は、虚飾を拝して清らかさを目指したから出るのに違いない。身の丈にあった価格で、スペースユーティリティーに秀でて洒落たデザインの小型アンプというのも、他を探そうとすると以外に見つからないものである。

* * *

 その足で神保町のBIGBOYへ行くと、今日はジミー・スミスDAYであった。「ジミー・アンド・ウェス」や「スモールズ・パラダイスのジミー・スミス」がかかり、大音量に思わず仰け反った。心地のいい音圧を全身に浴びて、さて再び4311に巡り合わせるアンプを、あーでもない、こーでもないとマスターと話しているうちに、日も暮れて来た。

だがしかし、待てよ。
4311Bはとても大人しい音だと思った。ユニオンの店頭での試聴であるから、セッティングを詰めていたということではないけれど、当方には少しくぐもって聴こえた。4311Aと4311Bはそんなにも違うものなのだろうか。『モニタースピーカー研究』を読むと、別の型番を振ってもいいような違いということだったが・・・。

自分なりの『4311研究』を進めねばならない、と思う次第。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
なし
性別:
男性
自己紹介:

powerd by


最新コメント
[08/15 yrndmifoaj]
[08/15 ekckyuobwa]
[08/14 clqoizbepn]
[07/19 azart47]
最新記事
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター


お天気情報
フリーエリア
建築家の設計による狭小住宅からブログ発信中。
地下の書斎でオーディオを
愉しみ、音楽はなかでも特にJAZZ(ジャズ)を聴きます。

《お知らせ》直近の雑誌寄稿
→左記、カテゴリー《メディアへの寄稿》からご覧下さい
-------------------------------
///聴かずに死ねない!JAZZライブ盤。現代JAZZの、ある到達地点に違いないです///

The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich
●詳細はこちらから(amazon)
The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich/TCB/2001

-------------------------------


M's Bar/男の書斎・別室

M's Bar/男の書斎には、クルマやテニスなどの話題が中心のもう一つの別室ブログを設けています。
バーコード
Copyright © M's Bar/男の書斎 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]
[PR]Samurai Sounds