忍者ブログ
オーディオ、音楽のほかメディア評、書評や日々の雑感など、ジャンルごった煮でお届けしています。
[109]  [107]  [106]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [97]  [95]  [94
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

191219

 先日発表された『走ることについて語るときに僕の語ること』に続いて、村上春樹の『東京奇譚集』を読んだ。空き時間にすらっと読み通すことのできる短編集である。本屋の軒先には、和田誠とのコンビ作『村上ソングズ』を新刊で見かけたので、ここに来て村上フリークには堪らない年末の読書休みを過ごすということになりそうだ。

 この短編集であるが、やはりどこまで行っても村上春樹は村上春樹だった。つくづく日本人離れしている。各々の短編に出てくる登場人物は、やはりどこか浮世離れしていて、足のない幽霊みたいな人がとてもポエティックに、そしてインテレクチュアルに会話を交わす。現世の俗物である当方にはしばし違和感がある。しかし「何だかおかしいな」と現実とのズレを感じさせてこその村上春樹だ。いつものように英語のような比喩が散りばめられ、寓話的な世界観が構築されている。

 では、御大ご当人もそういう自身の作品に出て来そうな人柄かというと、『走ることについて語るときに僕の語ること』に綴られた自伝(告白)によれば、そうでもないらしい。あくまでもプロの作家として、自らの作品世界を追及しているのであって、「僕だって俗物みたいなことを考えたりします」といった具合で、僕は『走ること-』には好感を持った。

191219_2

 また、母校から坪内逍遥記念賞みたいなものを贈られた折には、ざわざわ授賞式に出席してスピーチまで行ったというから、日本でのメディア露出は極端に少ない氏としては異例の行動であった。懐かしの母校への誇りのような、愛情のような感情を持っていて、満を持して凱旋したのではないか。これは成功をおさめた人によく見受けられる発想であって、僕はすっかり村上さんに親近感を覚えて、「生意気を言うようですが、先輩の気持ち、分かります」という心持ちです。

 僕はしつこいようだが俗物そのものなので、今度仕事でお会いする機会があるかもしれない平野レミさん(和田誠さんの奥さん!)に、『村上ソングズ』にサインをネダロウ、どういう口上で頼もうかな、などと今から入念に準備を整えようとしているところだ。本当は村上さんのサインが貰えたら、末代までの家宝にするのだけれど。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
なし
性別:
男性
自己紹介:

powerd by


最新コメント
[08/15 yrndmifoaj]
[08/15 ekckyuobwa]
[08/14 clqoizbepn]
[07/19 azart47]
最新記事
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター


お天気情報
フリーエリア
建築家の設計による狭小住宅からブログ発信中。
地下の書斎でオーディオを
愉しみ、音楽はなかでも特にJAZZ(ジャズ)を聴きます。

《お知らせ》直近の雑誌寄稿
→左記、カテゴリー《メディアへの寄稿》からご覧下さい
-------------------------------
///聴かずに死ねない!JAZZライブ盤。現代JAZZの、ある到達地点に違いないです///

The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich
●詳細はこちらから(amazon)
The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich/TCB/2001

-------------------------------


M's Bar/男の書斎・別室

M's Bar/男の書斎には、クルマやテニスなどの話題が中心のもう一つの別室ブログを設けています。
バーコード
Copyright © M's Bar/男の書斎 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]
[PR]Samurai Sounds