忍者ブログ
オーディオ、音楽のほかメディア評、書評や日々の雑感など、ジャンルごった煮でお届けしています。
[107]  [106]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [97]  [95]  [94]  [93
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

191216_2

191216

 『警官の血』上下巻を読み終えた。今年一番のミステリーという触れ込みであったので、かなり期待をしていた。途中冗長なところがなかったとは言わないが、全体の印象としては読み応えのある作品だった。

 戦後の日本に影を落とす事件、テーマをモチーフに、警察官三代を通じて描いた叙事詩といった趣きだ。下山事件、学生運動と左翼運動、公安警察の盛衰そして警察内部の腐敗、経済事件の流行。これらが有機的に警官の一族へと絡まっていく。乾いた文章(地の文、会話文ともに)が、戦後の日本の闇を照らすに相応しい雰囲気を醸成している。

 作品に登場する谷中は私の祖母が住んでいて、描かれる派出所やら五重塔跡やら谷中霊園は、幼少の頃の遊び場で馴染み深い場所だ。その意味でも、とても興味深くこの作品を読んだ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
あれ!見れた
もう見れないかと思っていたら。
今日見れました。
小鳩 2007/12/17(Mon)11:25:16 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
なし
性別:
男性
自己紹介:

powerd by


最新コメント
[08/15 yrndmifoaj]
[08/15 ekckyuobwa]
[08/14 clqoizbepn]
[07/19 azart47]
最新記事
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター


お天気情報
フリーエリア
建築家の設計による狭小住宅からブログ発信中。
地下の書斎でオーディオを
愉しみ、音楽はなかでも特にJAZZ(ジャズ)を聴きます。

《お知らせ》直近の雑誌寄稿
→左記、カテゴリー《メディアへの寄稿》からご覧下さい
-------------------------------
///聴かずに死ねない!JAZZライブ盤。現代JAZZの、ある到達地点に違いないです///

The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich
●詳細はこちらから(amazon)
The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich/TCB/2001

-------------------------------


M's Bar/男の書斎・別室

M's Bar/男の書斎には、クルマやテニスなどの話題が中心のもう一つの別室ブログを設けています。
バーコード
Copyright © M's Bar/男の書斎 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]
[PR]Samurai Sounds