忍者ブログ
オーディオ、音楽のほかメディア評、書評や日々の雑感など、ジャンルごった煮でお届けしています。
[153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [146]  [145]  [144]  [143]  [184
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

幻獣ムベンベを追え
 
 『幻獣ムベンベを追え』は早稲田大学探検部出身の作家、高野秀行による1989年のデビュー作。
 
 コンゴのテレ湖という湖にネッシーのような怪獣が棲んでいるということで、探検部の調査隊一行は現地へ向かう。しかし日本人はほとんど誰も近付かないようなアフリカの小国。

 思いっきり、辺境<周縁=マージナル>だ。

 そしてすんなりとコンゴまで辿り着かない。ましてや、テレ湖は密林ジャングルの奥地と言えるような場所。高野らは、猿やゴリラや蛇など何でも食して一ヶ月の調査を終えた。

注1)
 ムベンベが見つかったか否かは本書を読んでのお楽しみ。ちなみに最近刊行された『コンゴ・ジャーニー』では著者のレドモンド・オハンロンもこのテレ湖へ遠征し、高野が帰国の際にプレゼントした迷彩服を着た「アニャーニャ博士(ドクター)」を書中で改めて見ることができるという。

注2)
 早稲田の探検部というと、いまや日本の冒険小説の第一人者である船戸与一や同じく西木正明などを輩出しているが、高野氏はそれに連なる作家。

 探検とか冒険というのは、端でクーラーにあたって本で優雅に読んでいると何ともバカバカしいところがある。あえて何でそんなに高い山に登ろうとするのか、どうしてそんな辺境の地まで行って怪獣を探そうとするのか。だが、ある種類の人達というのは、その欲求が抑えられず行動へと移す。それは高野ばかりでないのだ。司馬遼太郎(『街道をゆく』)も梅棹忠夫(『世界言語紀行』)も同様なのである。マージナルなものは人を魅了してやまない。

フィンランド語は猫の言葉

 『フィンランド語は猫の言葉』は翻訳家、稲垣美晴が1970年代にフィンランドへ留学した冒険譚である。芸大生だった稲垣は果敢にヘルシンキ大学へ留学するのだが、その時代であるからなおさら、<冒険譚>といって差し支えないと思う。気候風土が熱帯雨林のジャングルか厳寒の北方かの違いがあるだけで、稲垣は<ムベンベ>ではなく、日本人にとっては幻の言語<フィンランド語>を探索しに行ったのだ。

 * * *

 最近よく聴くシベリウスをより深く理解するためには、フィンランドの歴史を当然知る必要があろう。また、かのフォン・ノイマンがランド研究所で研究を進めたという「フィンランド音韻論」からして、フィンランド語の音の性質を知ればシベリウスをもっと沢山理解できるに違いない。<タッタタ>という言葉、単語のリズムなのだと、フィンランドのスピーカーメーカーを取材した某オーディオ誌のK編集長は言っていた。シベリウスの音楽もこの音韻に従っているのだという(今回の記事タイトルはフォン・ノイマンからの駄洒落です、、、)。

 そこでフィンランド語の入門書を立ち読みしてみたら、

 <Hyvää päivää!!>が「こんにちは」とある。
 
 字面からして一筋縄ではいかないことがお分かり頂けよう。おまけにフィンランド語は格変化が15格あって、数字も格変化するという。一体何という言語だ。こういう言葉を理解するのはもはや、真っ暗闇の洞窟探検と同じといえよう。

●関連ブログ
●[23]子音の文化と母音の文化 ~言語からみた音楽性の相違とそれに適したオーディオ再生装置とは~
PR
プロフィール
HN:
なし
性別:
男性
自己紹介:

powerd by


最新コメント
[08/15 yrndmifoaj]
[08/15 ekckyuobwa]
[08/14 clqoizbepn]
[07/19 azart47]
最新記事
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター


お天気情報
フリーエリア
建築家の設計による狭小住宅からブログ発信中。
地下の書斎でオーディオを
愉しみ、音楽はなかでも特にJAZZ(ジャズ)を聴きます。

《お知らせ》直近の雑誌寄稿
→左記、カテゴリー《メディアへの寄稿》からご覧下さい
-------------------------------
///聴かずに死ねない!JAZZライブ盤。現代JAZZの、ある到達地点に違いないです///

The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich
●詳細はこちらから(amazon)
The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich/TCB/2001

-------------------------------


M's Bar/男の書斎・別室

M's Bar/男の書斎には、クルマやテニスなどの話題が中心のもう一つの別室ブログを設けています。
バーコード
Copyright © M's Bar/男の書斎 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]
[PR]Samurai Sounds