忍者ブログ
オーディオ、音楽のほかメディア評、書評や日々の雑感など、ジャンルごった煮でお届けしています。
[76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [67]  [64]  [61]  [60]  [59]  [58
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

190812


 やむなくエアコンを購入した。

 あまりに暑いので、導入せざるを得なくなった。窓を全開にして、吹き込んで来る風を頼りにしたり、扇風機を回していたが、さすがに我慢ができなくなった。ちょっとした不便は楽しいなどと強がってはみたものの、土日は昼間まで寝ているとなると、起きたと同時にグロッキー状態である。直射日光が当たらないというだけで、部屋の中は外の気温とほとんど同じだ。こういうのは文化的な生活とは言えないのではないか、と思い始めた。後から振り返って、「あー、あの夏はエアコンもなくて大変だったなあ」などと思い出を自分で演出することもままならなくなった。

 ヨドバシカメラ吉祥寺店へと向かった。

 ご承知の通り、同社は店舗展開で攻勢をかけている。秋葉原に続いて吉祥寺である。用地確保で相当な資金を投じていると思われる。

 さて、生活家電コーナーだ。製品は何畳という設置する部屋の大きさ毎に、展示してある。松下の『お掃除ロボ』やシャープの『除菌イオン』の二社だけは、メーカーに力があるからだろう、固めて陳列している。

 二台買う予定で、一台は東芝製にすることを決めていた。家を建てる際に、町の電気屋さんが見積もりに来て、三階の寝室は天井(屋根)が北側斜線で勾配しており、コンパクトなものしか取り付けられないと教えてくれた。小さいものとなると、どうやら東芝らしい。前に住んでいた家から持ってきたエアコンはサイズがあわず、仕方なくリサイクル行きとなった。

 それにしても、各エアコン製品のマーケティングは一体どうなっているのだろう。東芝はコンパクトである、などというのは結果的にただそうであったというだけで、しっかりとした市場分析を経て、「日本の住居はまだまだ狭い。設置するのもてこずるケースが多いとサービスマンから多く報告が上がっている。だから、我々は“コンパクト”を他社との差別化に掲げよう」とはしていないのではないか。要はどの品も似たり寄ったり、別にどれを選んでもいいや、という気分になる。判断材料として残るのは、ずばり“価格”だけである。ヨドバシカメラが、本体価格プラス工事設置代金を合算して“ナント○○円”と表示する札ばかりに目が奪われ出す。

 オーディオだったら、いくら何でもここまで乱暴なことはない。もちろん価格帯を予め決めて、ターゲットとなるプロダクトをいくつかピックアップするにしても、例えば20万だったらどの社のものでも構わないとか、まあどれでも一緒だろうとはいかない。吟味に吟味を重ねる。

 エアコンとオーディオ、特にピュアオーディオは別の次元、マーケットであると言えばそれまでだが、然は然りながら同じ工業製品である。ましてやエアコンの方が明らかにその市場規模は大きい。その割には各社の差はほとんどなくて、皆一様な商品ばかりとなると、大袈裟だけれど日本の物作りはどこか曲がり角に行き着いてしまっていて、もはや主導権は流通に明け渡しているのではないかと改めて感じた。

190812_2

 オーディオよりも市場として厳しく難しいことがあるとすれば、各家庭にエアコンを設置するにあたって、それぞれ家の構造はばらばらだから、かなりシビアにこちらが採寸などをして行っても、取り付けができないとか、問題が発生する。まさか貸し出して”試風”なんてこともできない。だから各量販店は事前見積もりというのを実施している。エアコンのダクトが4本か5本かなんてことを事前に調べてから店へは行かない。しかし、5本ないと今流行の“手間なし自動お掃除機能”を搭載したエアコンは、基本的には導入できない。さらにダクトが家の壁に中に埋め込まれた“埋設式”となれば、もしダクトが1本足らなくても手を施すことはできないで、導入不可である。

 細かな家庭事情を反映させた上で、エアコンは買われるべきプロダクトなのである。僕はそこまで面倒なモノだとは思わなかった。一旦、家へと戻ってダクトの本数を見たり、コンセントの形状を調べたり、改めて寸法を測り直したりして、なかなか手強い相手であることを知った。

 我々はヨドバシのお兄ちゃんに対して、手を変え品を変え、様々なアプローチをして、表示価格(というか最初に電卓を弾いた数字)から、随分と値段を下げてもらった。二台まとめて買うのだからとかなんとか言いながら、向こうは根負けしたようだった。

 でも話し次第で金額が下がるのだから、交渉はした方が良いに決まっている。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
冬寒ければ靴下を2重に履けばいいし、夏暑ければ裸で過ごせばいいというのにも憧れますが、現実的には限界がありますよね。
ここのところ我が家ではエアコンさえ悲鳴を上げていますもの。
ともあれ適度なエアコンで安眠をなさってくださいね。

conrans URL 2007/08/13(Mon)22:35:01 編集
conransさん
お気遣い、痛み入ります。有難うございます!
金曜日からはエアコンに夜のお供をお願いする予定なのですが、今日、明日、明後日(あと3回も・・・)は相変わらず寝苦しい夜を過ごすかと思うとシンドイです。。。


ITSUNIRE URL 2007/08/14(Tue)13:46:37 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
なし
性別:
男性
自己紹介:

powerd by


最新コメント
[08/15 yrndmifoaj]
[08/15 ekckyuobwa]
[08/14 clqoizbepn]
[07/19 azart47]
最新記事
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター


お天気情報
フリーエリア
建築家の設計による狭小住宅からブログ発信中。
地下の書斎でオーディオを
愉しみ、音楽はなかでも特にJAZZ(ジャズ)を聴きます。

《お知らせ》直近の雑誌寄稿
→左記、カテゴリー《メディアへの寄稿》からご覧下さい
-------------------------------
///聴かずに死ねない!JAZZライブ盤。現代JAZZの、ある到達地点に違いないです///

The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich
●詳細はこちらから(amazon)
The Winners/Live at the Dolder Grand Hotel, Zurich/TCB/2001

-------------------------------


M's Bar/男の書斎・別室

M's Bar/男の書斎には、クルマやテニスなどの話題が中心のもう一つの別室ブログを設けています。
バーコード
Copyright © M's Bar/男の書斎 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]
[PR]Samurai Sounds